航空手荷物の超過料金について

20140506_2289595

皆さまこんにちは!GWいかがお過ごしですか?今日はサイクリストの皆さまが気にされる、自転車を航空機で運ばれる際の超過料金についてお話させていただきたいと思います。

皆さまご存じの通り、航空機に無料で預ける事ができる手荷物のサイズには限界があります。やっかいなのは、利用する航空会社や行き先によって料金がマチマチで、無料だと思ってたら予想以上にエキストラチャージを取られてしまった!というのは良く聞く話です。ここでまず無料で航空機に持ち込める手荷物のサイズを確認したいと思います。(2014年5月現在)規定は国内線と国際線でも異なりますので、まずは国内線から。沖縄や北海道、離島などで開催されるイベントに参加される場合がこちらの規定になると思います。参考値はいずれもエコノミークラスです。

全日空(国内線)
無料で預けられる荷物 重量:20kgまで サイズ:3辺の合計が203cmまで
http://www.ana.co.jp/dom/checkin/rules/baggage.html

日本航空(国内線)
無料で預けられる荷物 重量:20kgまで サイズ:3編の合計が230cmまで
https://www.jal.co.jp/dom/service/bags/checkin.html

なおバイクサンドの3辺の合計は120x78x28cm(プロトタイプは120x80x30cm)で226cmです。ANAではNGですが、JALではグレーゾーンながらトータルのサイズでは規定内ということになります。(各部のサイズが50cm(幅)× 60cm(高さ)× 120cm(奥行)以内と上限が規定されており、高さで引っかかります)なお使用する機種によって、3辺の上限の大きさが異なりますので(例えばA320では上限が260cm)、ご注意ください。なおこの情報は当社が独自に調べたものですので、実際にご利用される場合は、ご本人の責任において、各社にご確認ください。

超過料金につきましては行き先によっても異なりますので、各社のHPをご参考にされてください。バイクサンドを預けた場合は両社とも概ね+5,000円程度の超過料金が発生すると思われます。

次に国際線です。

全日空(国際線)2013年6月にルールが改正されました。

無料で預けられる荷物 重量:23kg(50ポンド)まで サイズ:3辺の合計が203cmまで。(本来は158cmまでですが、自転車はスポーツ用品特例に含まれるので203cmまでは無料です)
http://www.ana.co.jp/int/guide/baggage.html?menu=free
超過料金につきましては、行き先によってことなります。バイクサンドを使用すると概ね+15,000円程度掛かるようです。
http://www.ana.co.jp/int/guide/baggage.html?menu=over

日本航空
無料で預けられる荷物 重量:23kg(50ポンド)まで サイズ:3辺の合計が203cmまで
http://www.jal.co.jp/inter/service/bag/#anchorlink002
超過料金につきましては、行き先によってことなります。バイクサンドを使用するとアジアで+10,000円、ハワイ北米方面で+15,000円程度掛かるようです。全日空、日本航空以外の航空会社について

全日空のリンクが非常に便利です。こちらのリンク先でご確認ください。規定は各航空会社によってマチマチで、未確認情報ですがタイ航空やニュージーランド航空などは一切料金が掛からなかったという情報もございます。(タイ航空の場合は3辺合計で158cmを超える場合は60ドルという規定が一応あるようですが・・・)
http://www.ana.co.jp/int/guide/popup_airline.html

本日の記事を見ていただき、「なんだ・・・結局金が掛かるのか・・・」と、お嘆きの方も多いと思います。残念ながら各航空会社の規定では、フレームまでバラバラにしないと、無料で運ぶのは難しいというのが現状です。どうせお金が掛かるのでしたら、上限23kgという規定を最大限活用し、輸送箱の余ったスペースを活用して、自転車以外のものを入れてしまうのもアリですね!自分で持って行った方がいいのか?あるいは配送業者を使って送ってしまった方がいいのか?コストと効率を考えて、ベストな選択をしたいですね!大切なバイクですから、安全な輸送箱でしっかりと梱包し、素晴らしい思い出をたくさん作ってください!

超過料金につきましては、皆さまも気になるところだと思いますので、逆に詳しい情報をお持ちの方は、バイクサンドまでお知らせいただけると非常に助かります。以下のアドレスまでお知らせください。

info@bike-sand.com

本記事内の情報は2014年5月現在のものです。これら情報は当社が独自に調べたものです。実際にご利用される場合は、ご本人の責任において、各社にご確認ください。


Top